HOME>計装士試験問題

執筆担当者:小柴 洋児
【この講座(連載)の特徴】
計装工業会で検定委員を長年務め,何が理解されていないのかの知見にたって,応用が利くように問題を展開する。

ログイン不要で全文閲覧可能!
このコンテンツは会員登録されていない方でも全文閲覧が可能なフリーのコンテンツです。
ご一読いただき,共感を見つけていただけましたら是非計装Cubeに会員登録を。

 

 

計器【流量計3】

問題7

下図は、各種流量計の適用可能管径の目安を示したものである。
  それぞれがどの流量計かを解答群から選び、記号で答えなさい。





[解答]
 (1) ア(オリフィス)    (2) ウ(フローノズル)
 (3) イ(ベンチュリ)    (4) カ(面積式流量計)
 (5) オ(容積式流量計)  (6) キ(電磁流量計)
 (7) エ(超音波流量計)  (8) ク(羽根車式(タービン)流量計)



[解説]
差圧流量計は,差圧取り出し孔(タップ)の製作上,適用管径に下限がある。
また,大口径のものは,それなりの重量があるので,設置基礎などに十分な注意が必要である。
いずれにしても,メーカーのカタログや説明書を詳しく吟味すべきである。