HOME>計装士試験問題

執筆担当者:小柴 洋児
【この講座(連載)の特徴】
計装工業会で検定委員を長年務め,何が理解されていないのかの知見にたって,応用が利くように問題を展開する。

ログイン不要で全文閲覧可能!
このコンテンツは会員登録されていない方でも全文閲覧が可能なフリーのコンテンツです。
ご一読いただき,共感を見つけていただけましたら是非計装Cubeに会員登録を。

 

 

【温度計1】

問1.図は,工業用温度計の使用温度範囲を示したものです。

     @〜N がどの種類なのが,語群から選び答えなさい。

 

  [語群]

     ア.抵抗温度計(Pt)       イ.抵抗温度計(サーミスタ)    ウ.光高温計

   エ.二色高温計      オ.放射温度計       カ.バイメタル温度計

   キ.膨張式温度計(水銀)  ク.蒸気圧力式温度計    ケ.膨張式温度計(有機液体)

   コ.熱電温度計()    サ.熱電温度計()     シ.熱電温度計()

   ス.熱電温度計()    セ.熱電温度計()     ソ.熱電温度計(,,))

 

   [解答]

     @ キ.膨張式温度計(水銀)          A ケ.膨張式温度計(有機液体)

     B ク.蒸気圧力式温度計            C カ.バイメタル温度計

     D ア.抵抗温度計(Pt)              E イ.抵抗温度計(サーミスタ)

     F セ.熱電温度計()              G サ.熱電温度計()

     H コ.熱電温度計()              I シ.熱電温度計()

     J ス.熱電温度計()              K ソ.熱電温度計(,,))

     L ウ.光高温計                    M エ.二色高温計

     N オ.放射温度計

 

 

  [解説]

     ○ 温度計は,接触型と非接触型に大別できる。

        @〜Kは接触型で,流体の温度測定に適しており,使用される機会も圧倒的に多い。

        L〜Nは非接触型である。放射されるエネルギーは絶対温度の4乗に比例するので,高温の

       測定に適している。また,動いている物体の温度測定も可能である。

     ○ @〜Cの膨張式温度計は,指示機構に外部エネルギーが必要ないので,現場指示計として多

       用される。電気信号への変換は,得手ではない。

    D〜Kの抵抗温度計,熱電温度計は電気信号を発信するタイプなので,制御システムのセン

  サーとして最適であり,測定精度も高いので,極めて多く使用される。

 

     それぞれの使用温度範囲を熟知しておくことは,温度計選定の第一歩である。