<

計装Cube71 再考「プロセス制御」
モデルベースのプロセス制御設計


三菱化学エンジニアリング 竹 田 浩 伸
2015年9月
キーワード「制御/最適化/設計」


 プロセス制御の分野では,1990年代から大規 模プラントを中心に適用が進んだ多変数予測制御 が脚光を浴びてきた。しかし近年国内では石油化 学コンビナートの縮小傾向が続き,現在では効率 的な保全が課題となっている。この背景の中,機 能性製品を製造する個性的な中小規模のプラント への対応も重要度が増してきている。
 機能性製品はバッチプラントで製造されること が多い。所定のバッチサイクルで運転を成立させ るためには連続プラントとは異なる制御方策も必 要である。また変化する運転条件下での細かなむ だの排除も見逃せない。さらに中小規模プラント の技術検討では運転開始後の手直し予防など検討 労務を含めた一層の費用抑制が要求される。その ためには古典的アドバンスト制御の活用拡大と ともに,プロセスモデルとシミュレーションに基 づくより精密な制御設計が必要である。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます