<

計装Cube71 再考「プロセス制御」
高度制御による収益改善の実務課題
―ベンゼン抽出装置への適用から運用まで


丸善石油化学 小 山 一 宏
日本AMT 伊 藤 徹 郎
2015年9月
キーワード「制御/最適化/設計」


 多変数予測制御,いわゆる高度制御は,プロセ スプラントにおける運転調整の負荷低減および効 率化を両立する技術であり,すでに国内でも広く 使われている。そこで制御技術に投資し運用する 立場から理想の高度制御をいま一度考えてみる と,『安価な費用で,簡単に導入でき,安定した 制御動作で,想定した収益改善を確実に実現し, メンテナンスフリーで運用』という形になるのだ と思われる。
 この理想形・要望のうち,多くの場合は収益改 善が最重要と思われるが,実際には制御ソフト ウェアの機能だけで自動的に収益改善が達成され るには至っておらず,改善効果の成否は依然とし て設計内容や制御モデルの良し悪しといったエン ジニアリング要素による部分が大きいと考える。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます