<

計装Cube70 クラウドを応用したスマート設備管理
クラウドサービスによる建物空調の 省エネルギー化に対する取り組み

三井情報 久々江 裕二
2015年5月
キーワード「設備管理/情報化」

    

 建物環境は維持しつつ省エネルギー活動を進め ることが,企業にとって非常に重要な課題であ る。我々は建物環境の維持と省エネルギー化の両 立を実現するには人手による手段では限界がある ことを踏まえ,クラウドコンピューティングを活 用し建物の環境管理を行うことで低コストにて省 エネルギー要求に対応することを実現した。
 また,設備保全の観点からは,設定温度の下過 ぎ/上過ぎなど空調機の高負荷状態での稼働を回 避することや,むだな空調機の稼働時間が抑えら れることで故障発生率の低減が期待される。さら に,空調機の故障発生時にもERROR コードの確 認や動作ログによる分析を遠隔から行えることか ら,設備管理専任者を必要としなというクラウド コンピューティングならではの利点も享受するこ とができる。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます