<

計装Cube69 次世代オペレーションの現場的考察
         〈ベンダ編〉システム提案と着眼点
DCS とMES ソリューションを 融合したトータルシステムの提案
〜適確な操業環境によるユーザ支援〜

日立ハイテクソリューションズ 中 村 明 弘/鈴 木 龍 一
2015年2月
キーワード「操作/最適化/管理」

    

 DCS のオペレーションは,調節計などの計器 のイメージをモニタ上に表示することから始ま り,その後グラフィック画面,トレンド,アラー ム,帳票などを同一画面上で取扱うことを可能に した(統合オペレーション)。90 年代後半からは PC の導入が進み,Windows の技術を活かした容 易なオペレーションを実現した。一方,大容量メ モリとハードディスクを用いて,プラント内のさ まざまなデータを長期に保存し活用することも可 能となった。現在では,タブレットPC に代表さ れる多様なデバイスや無線通信技術をプラント監 視に応用可能になっている。
 DCS は制御の自動化と生産の効率化に貢献し てきたが,いま,プラントにおいては,熟練オペ レータのノウハウの伝承や複数プラントの統合監 視などへの対応が新たに求められている。本稿で は,弊社計装システムにおける最新のオペレー ションとその活用のメリットについて紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます