<

計装Cube68 計装現場力を確保するために
         テーマ@:現場力向上のためのテクニカルエレメント
都市ガス製造工場における制御システム更新とセキュリティ対策への取り組み

東邦ガス 小 塚 久 志
2014年11月
キーワード「教育/更新/安全・環境」

    

 当社は愛知・岐阜・三重の3 県,53 市19 町1 村(平成26 年3 月現在),233 万件のお客様へ都 市ガスを供給する一般ガス事業者である。
 原料となる液化天然ガス(LNG)を,現在,イ ンドネシア,オーストラリア,マレーシア,カ タール,ロシアの5 ヵ国から長期契約に基づき輸 入しており,このほか,新しいLNG プロジェク トの参画等により低廉なLNG の安定調達に努め ている。
 都市ガスの製造工場では,輸入した−160℃の LNG を貯蔵し,これを需要に応じて払出し,海 水と熱交換させて気化したのち,熱量を調整して お客様へお届けしている。LNG を受け入れる工 場としては,知多緑浜工場,知多LNG 共同基 地,四日市工場があり,このほかに熱量を調整す る工場として知多熱調センターがある。
 ガス製造工場における自動制御としては, LNG を気化するプロセスにおける海水の流量制 御,LNG の流量・圧力制御, 液化石油ガス (LPG)を加えて熱量を調整する熱量制御等があ る。
 これらを分散型制御装置(DCS)を使用し制御し ている。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます