<

計装Cube68 計装現場力を確保するために
         テーマ@:現場力向上のためのテクニカルエレメント
次世代オペレーションと インテリジェントP&ID

大坂システム計画 大 坂  宏
2014年11月
キーワード「設計/作業支援/情報化」

    

 現場力向上のためのテクニカルエレメントとい うことで「インテリジェントP&ID」を取り上げ たい。ご存知のとおり,P&ID(Piping and Instrumentation Diagram)は,プラントの設計段階で作 成されるプラントの詳細設計図である。その一番 の特徴は「プラントの構成を正確に表現してい る」という点である。これまでP&ID は設備管理 業務を中心に使われてきたが,その特徴と最新の IT を活用することで,設備管理領域のみならず, 運転管理領域でも大きな効果が期待できることが 注目されている。
 本稿では,まずP&ID 運用の現状とP&ID 対す る要求をまとめる。次に,現在,市場に出回って いるインテリジェントP&ID を解説したうえで, 次世代オペレーションをイメージした次世代型イ ンテリジェントP&ID の可能性を探る。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます