<

計装Cube68 計装現場力を確保するために
         テーマA:工場革新へのワイヤレス計装とモバイル技術の現場適応
WirelessHART で広がる HART 通信の世界

HART 協会 薗 田  薫
2014年11月
キーワード「通信・伝送/情報化/監視」

    

 HART 機器のプラントへの実装台数は,2012 年時点で3,710 万台となり,市場の約50% を占 めるまでに増加した。これは,ユーザがHART 通信に何を期待しているのかを示している。他の 通信方式と比較して,HART 通信がなぜ広く採用 されるようになったのであろうか?
 これは,プ ロセスを制御する信号は従来通り4-20 mA で行 い,プロセスで使用している機器のメンテナンス や運転中の機器管理にディジタル通信を使用する ことで,コストの削減や信頼性の向上などの生産 性の効率化を実現したいというユーザの要望の現 れであると考えられる。つまり生産性の効率化に は,制御方式の革新ではなく,プロセスで使用し ている設備の管理をより正確に行うことが,より 重要であると考えられるからである。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます