<

計装Cube68 計装現場力を確保するために
         テーマA:工場革新へのワイヤレス計装とモバイル技術の現場適応
無線式振動センサによる 設備監視システムへの適応

GEエナジー・ジャパン 河 部 佳 樹
2014年11月
キーワード「通信・伝送/計測/監視」

    

 振動監視法としては,大きく分けて2 つの手法 がある。1 つはセンサを機械に常設して振動を連 続的に計測するもの,もう1 つは,ハンディ振動 計を用いて人が巡回点検して振動をある程度の間 隔(1 ヵ月毎等)で計測するものである。弊社で は,前者のセンサ常設方式として,最重要機器向 けの全チャンネル連続監視システムと,それより は重要度の低い機器向けのスキャニング式振動監 視システムを提供してきた。
 スキャニング式とは,コストを抑えるためにそ れぞれの振動センサに対して振動計測/保存を数 分から数十分間隔で実施するものである。このス キャニング式としては,従来有線式を採用してお り無線式は未対応であった。無線式を積極的に採 用できなかった理由としては,データ送信の信頼 性が低かったこと,現場に設置する無線発信機の 電源確保が困難であること,等の理由によってい た。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます