<

計装Cube68 計装現場力を確保するために
         テーマ@:現場力向上のためのテクニカルエレメント
プラントライフサイクルからみた フィールドネットワークのさらなる展開

アズビル 津 金 宏 行
2014年11月
キーワード「通信・伝送/診断/監視」

    

 プロセスオートメーション(PA)産業では, 1990 年頃よりフィールド機器のディジタル通信 国際標準規格が成立した。これによりフィールド 機器のディジタル通信活用やフィールドネット ワーク化が進むことが期待されたが,現実には約 20 年近く経た2010 年前後より急速に普及し始め ている。フィールドネットワークは現場力向上の ための最も重要なテクニカルエレメントであり, いままさに実用期に差しかかっていると考える。
 本稿では,はじめにここで述べるフィールド ネットワークを定義した上で,普及状況や利用の 現状を説明する。フィールドネットワークの利用 効果を述べることにより,それがプラント・工場 の革新には重要なテクニカルエレ メントであることを理解いただき たい。また,フィールドネット ワークの現状での問題点や課題に ついて整理し,現時点において フィールドネットワークをどのよ うに導入するのがよいかを紹介す る。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます