<

計装Cube67 進化するプロセス計装機器
進化するマイクロウェーブ式レベル計

ノーケン 田 中 稔 秋
2014年5月
キーワード「計測/制御/監視」

    

 一般的にレベル計は,測定対象物に接触させる ことで計測できるタイプと接触させないで計測で きるタイプに分類することができる。多くのレベ ル計測では,実際に使用されるアプリケーション の特性により,接触タイプまたは非接触タイプな どさまざまな方式が採用されている。
 測定対象物の特性の一つである「物性」を直接 利用している接触タイプには,フロート式や圧力 式および静電容量式などがある。フロート式や圧 力式は測定対象物の比重を利用し,静電容量式は 測定対象物の誘電率を利用している。また,非接 触タイプには超音波が伝播する媒体中の超音波の 速度などを利用した超音波式やマイクロ波を利用 したマイクロウェーブ式などがある。
 本稿では,メンテナンスが容易で経年変化も少 なく,信頼性の高いレベル計側を提供するマイク ロウェーブ式について紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます