<

計装Cube67 進化するプロセス計装機器
安全をめざす給水流量計の着眼点 ―配管損傷に関する適用評価

岩 井 正 隆
2014年9月
キーワード「計測/制御/監視」

    

 流量計オリフィスにおいて下流配管の減肉管理 が不十分であれば,10 年前の2004 年8 月に発生 した原子力発電プラントの二次系復水配管破断に 代表されるような事故が発生することが知られて いる。これらの事故の教訓として,どのプラント であれ,流量計としてオリフィスなど絞り機構を 長期間使用すれば,同じように配管減肉や配管破 損を発生する可能性があることである。プラント 計装設計経験者および研究者として,安全性の観 点から流量計オリフィスの問題点を整理するとと もに,より安全をめざす流量計タイプの適用検討 について述べていく。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます