<

計装Cube67 進化するプロセス計装機器
SIL3 対応の防爆DC 電源について

GMI ジャパン 田 中 健 一
2014年7月
キーワード「計測/安全・環境/監視」

    

 GM International 社はイタリアのミラノに本社 および製造拠点を置き,世界の主な地域に支店お よび販売店網を持ち,SIL(安全度基準規格)と本 質安全防爆技術双方が融合した製品製造,すなわ ちSIL3 対応の本質安全防爆バリヤおよびセーフ ティリレー等々に特化し,さらに安全計装技術を 採用した防爆製品製造に特化した会社である。
 会社設立は1993 年であるが,社長のランド リーニ氏は1970 年に本質安全防爆バリヤ会社で あるELCON INSTRUMENTS 社を設立,本質安 全防爆インタフェースおよび防爆電源の設計製造 では国際的なリーダとしての地位を確立してい た。ただ,アジア地域への進出が遅く,近年にな り中国をはじめ,日本でも販促活動を開始した。
 本稿では,各種製品群の中でも他社にない特徴 ある製品として,SIL3 対応の危険場所設置可能 なDC 電源と本質安全防爆温度マルチプレクサ・ システムを紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます