<

計装Cube67 進化するプロセス計装機器
高温高精度2 色放射温度計

チノー 角 谷  聡
2014年9月
キーワード「計測/制御/監視」

    

 チノーでは主力放射温度計のモデルチェンジを 進めている。今回紹介する高温高精度2 色放射温 度計「IR-CZQH」は, 新しい放射温度計のシ リーズで最初に市場に投入したモデルである。外 観を写真1 に示す。
 放射温度計は,熱放射の法則性に対して対象温 度が高くなると放射エネルギーが強くなる点に着 目してエネルギーの強さを計測することで温度を 求める「エネルギー強度型」と,温度が高くなる と放射エネルギーの波長分布が短波長側にずれて いくことに着目して波長分布の変化により温度を 求める「波長分布型」に大別される。エネルギー 強度型は全放射温度計,広帯域放射温度計,単色 放射温度計,狭帯域放射温度計等に細分され,波 長分布型は2 色放射温度計として実現されてい る。
 2 色放射温度計では,2 つの波長帯域での放射 エネルギーを測定し,その比を演算して温度に変 換する。よって,2 つの測定波長域における分光 放射率が等しければ,その比率は測定温度によっ て決定されるため測定対象の放射率の影響を受け にくい。この特長は,測定窓に付着した塵埃や測 定光路を遮る機械的障害等,2 つの波長域に等し くエネルギー減少をもたらす光路障害に対して大 きなメリットとなる。
 この特長から,2 色放射温度計は高温真空炉の 温度計測・制御が主要な用途であり,さらには光 路障害が避けられない計測に積極的に使用されて いる。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます