<

計装Cube66 生産現場のスマート化を考える
ICT によるプラント運転パラダイムの転換

新日鉄住金エンジニアリング 古 家 秀 彦
2014年1月
キーワード「運転支援/情報化/操作」

    

 これまでのPA の歩みは,まさにプロセスや操 業を良く理解し,強い責任感を持った熟練技能者 の存在を前提としていた。その前提が崩れつつあ る今,プラント運転に関わるパラダイム(考え方 を拘束する枠組み,価値観)を見直し,新しいパ ラダイムの創造,再構築を進めなければならな い。PA は,現在3 つ目の大きな転換期を迎えて いる。
 当社では,数年前から新しい運転パラダイムの 創造,再構築に向けて情報通信技術(ICT)に着目 し,PA とICT を融合したプラント運転支援ソ リューションの開発を進めてきた。ここでは,そ れらの取り組みを紹介すると共に,将来に向けた PA の展望を述べる。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます