<

計装Cube66 生産現場のスマート化を考える
プラント革新ソリューションが担う工場のスマート化と着眼点

日本エマソン 一 木 澄 隆
2014年1月
キーワード「計測/監視/設備管理」

    

 工業プラントでのスマート化が提唱されて久し い。早くから着手し利点を得ているユーザ,今後 導入を検討しているユーザなど,各社の状況によ りその進み具合はまちまちであるが,総じて本格 的な活用という点では,“これから”というケー スが多いのではないだろうか。
 先日,テレビ会議システムを提供するネット ワーク関連企業の方から,遠隔地に複数のサイト を持つユーザを中心にテレビ会議システムの導入 が加速しているとの話を伺った。技術革新も進 み,最新の装置ではこのシステムを用いて海外と 国内を中継,楽器の演奏もできるほど通信遅れを 最小限にできるまでになっているとのこと。ビジ ネス上の重大な,あるいはスピード感を求められ る決断をする際に,単なる電話会議ではなく人と 人をインタフェースさせるこのシステムが,大き な役割を果たすのであろう。
 計装の世界ではどうだろうか。これまでのス マート計器の果たしてきた役割としては,特徴的 なハードウェアによるソリューション,プロセス 計測・制御における精度や応答性の向上,機器診 断・アラートによる健全状態の把握,等々が挙げ らる。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます