<

計装Cube65 ライフサイクルからみたPLC計装の適応視点
PLC 計装採用によるトータルコスト削減効果とユーザ選択自由度の向上

ロックウェルオートメーションジャパン 稲 山 知 己
2013年10月
キーワード「制御/ 監視/ 更新」

    

 DCS とPLC の垣根がほぼなくなり,DCS でし か実現できない機能は存在しないと言っても過言 ではない。DCS による制御システムをPLC に置 き換える流れは非常に強く,海外では既にさまざ まな産業において実施されている。これは多くの ユーザがPLC 計装がもたらすメリットを十分理 解しているということであり,そのメリットがプ ラントのライフサイクル全般において享受できる ものであるということにほかならない。プロセス 制御はDCS でしか対応できないという時代はす でに過去のものでしかない。
 日本の場合イニシャルコストのみにとらわれが ちで,トータルコストを重視しない傾向がある。 予算の出所が異なるためで,本来は次のリプレー スも視野に入れた全体コストを考慮すべきであ る。
 PLC の場合,サポートできるSI の数が多いた めユーザに選択の幅があり,またイニシャルの導 入コストがDCS と比較して安価である。さらに ユーザに必要な機能のみを提供することができる ので,不必要な機能にむだなコストを費やす必要 がない。年間保守についてもベンダとの契約は非 常に安価であり,プラスSI との契約があるとし てもかなりのコスト削減が期待できるはずであ る。
 システムを構成する機器は世界中で一般的に使 用されている製品であるので,入手性が非常に良 いため保全面でもメリットが出せる。内部ロジッ クについてはBlack Box 化している部分はゼロで あるので,SI,ベンダの力を借りずともユーザに てメンテナンスが可能であるため軽微なシステム 変更にいちいち追加費用が発生することがない。 老朽更新にいたっては,PLC 新規採用時よりさ らに安価に更新ができるので,最新のソリュー ションを組み入れたシステムを使用することが可 能である。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます