<

計装Cube65 ライフサイクルからみたPLC計装の適応視点
農業用水管理へのPLC計装システム導入事例

京都EIC 藤 田 正 樹
2013年10月
キーワード「制御/ 監視/ 更新」

    

 中小規模の設備を中心として,裾野が広がり活 用される機会が増えているPLC 計装システムで あるが,当社は,この多くの可能性をもったシス テムに対して「オートメーションのワンストップ ショップ」としての取り組みを進めている。
 PLC はFA,PA のみならずBA,LA など全て のオートメーション分野で利用できる機能と構成 部品を揃えている。このためPLC 計装のシステ ムインテグレーションを行うに際して,容量・能 力によるCPU 機種の選定や,以前に比べて豊富 になったプロセス用入出力ユニットの選定,PLC の利点であるさまざまな入出力サイズが揃ったリ モートI/O ユニットの利用,システム内部のコ ントローラ間を接続するネットワークの構成検討 とネットワーク種別の選定,さらには情報系ネッ トワークやインターネット,VPN との接続の検 討などが,我々システムインテグレータに求めら れる。
 また,能力向上により統合化する傾向のDCS に対して,機器間ネットワークの発達にともなっ て設備ごとに分散化するPLC では,現場設備の 近くに設置されることも少なくない。このため屋 外設置盤へのPLC 実装については,日照対策, 避雷対策,場合によっては防虫対策等の検討も必 要となる。
 その他,PLC 計装システムの構築・導入にお いて考慮すべき点はまだあるが,その中で常に大 きなウエイトを占めているのはパソコンによる監 視機能の構築である。当社もこの点について PLC 計装の創生期よりさまざまな取り組みを 行ってきたが,その中で聞こえたユーザの声と, 自社技術員の改善要求を取りまとめて反映させ た,中小規模設備向けのPLC 計装システム用 HMI を開発し利用している。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます