<

計装Cube64 エネルギー最適管理のための計装・情報化技術活用のすすめ
[ユーザ事例]空調PLC 計装システム 導入による省エネ実践例と効果

MHIコントロールシステムズ/大 津 秀 伸
2013年12月
キーワード「省エネ/最適化/監視」

    

  京セラグループは,創業以来,「敬天愛人」の 社是のもと,「社会との共生」,「世界との共生」, そして「自然との共生」という3 つの「共生 (LIVING TOGETHER)」をすべての企業活動の基 本に置き,エコロジー(環境性)とエコノミー(経 済性)の両立を追求しながら持続的な発展をめざ しており,1991 年には環境の基本理念である 「京セラ環境憲章」を制定し,「環境経営」にグ ループを挙げて取り組んでいる。
 京セラ(株)鹿児島国分工場は,(以降,京セラ 国分)鹿児島県霧島市国分にて1972 年に創業した 京セラの最大規模の主力生産工場であり,ファイ ンセラミック応用商品,電子部品,半導体パッ ケージ,通信部品,自動車部品,燃料電池用部品 他,社会で幅広く利用さている各種機器の部品 を,国内,海外へほぼ50% ずつの割合で生産供 給している。
 京セラ国分では,省エネ,地球温暖化防止に寄 与するために,製造工程やユーテリティ設備にお いて,さまざまな省エネ活動に取り組んでいる。  その一環として2007 年〜2012 年にかけて,主 に増設工場に内装された生産用クリーンルームの 空調機と,空調熱源に対してプログラマブルロ ジックコントローラ(以降PLC)を用いた空調温 湿度,流量,風量,圧力などのプロセス計装シス テムを構築した。システム内の各種制御プログラ ムを自社制作して稼働させたところ,空調設備に 係る消費電力量,LNG ガス燃料使用量の大幅な 削減が実現できた。本稿では,導入した空調PLC 計装システムの省エネルギー実績について 紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます