<

計装Cube64 エネルギー最適管理のための計装・情報化技術活用のすすめ
[最新動向]CC-Link/CC-Link IE の エネルギー管理通信機能の概要

CC-Link 協会 大 谷 治 之/三 部  健
2013年12月
キーワード「省エネ/最適化/監視」

    

2008 年の省エネ改正法により,製造現場にお けるエネルギー使用効率向上への取り組みが活発 化している。取り組みの一つはFEMS(Factory Energy Management System)を導入することであ る。FEMS とは,受配電設備のエネルギー管理に 加えて生産設備のエネルギー使用状況・稼動状況 を把握し,エネルギー使用合理化および工場内設 備・機器のトータルライフサイクル管理の最適化 を図るためのシステムである 。
 FEMS の実現には,設備を構成する機器のエネ ルギー消費状態の監視と,機器の運転状態の制御 を行うためのエネルギー管理通信機能が必要であ る。このような世の中のニーズに応えるために, CC-Link 協会では2012 年12 月に「CC-link およ びCC-Link IE エネルギー管理通信機能仕様書」 を発行した。本稿ではCC-Link/CC-Link IE にお けるエネルギー管理機能について紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます