<

計装Cube63 製薬工場のコンピュータバリデーション
製造設備メーカが取り組むPLC のCSV と注視点

岩井機械工業 松 淵 陽 一/森  良 樹
2013年9月
キーワード「品質管理/ 安全・環境/ 管理」

    

    CSV については他の執筆者が本誌にて最新の情報や動向等を紹介しているので,敢えてここでは省略し,弊社の立場における具体的な取り組みについて述べていく。
  弊社はプラント構成機器個々の設計(バルブ・タンク等)〜製造〜エンジニアリング〜施工〜プラント構築〜引渡しまで一貫対応できることを特徴としたプラント・エンジニアリング・メーカである。ゆえに,調製設備等の受注プロジェクト進行中に諸々発生するインシデントに対しても,ソフト(PLC,TP : Touch Panel,PC 等)面だけでなく,プラントハード面(構成機器,配管構成等)も含めた,総合的な視点から適宜対応している。
  今回はCSV の中でも,PLC を中心としたバリデーションの取り組みについて,弊社の立場から紹介していく。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます