<

計装Cube62 ワイヤレス計装本格導入への現場的視点〜その要件とは何か
ワイヤレス計装の本格導入に向けて−ISA100.11aの差別化技術


ISA100 Wireless Compliance Institute 長 谷 川 敏
2013年7月
キーワード「通信・伝送/標準化/規制」

    

   ワイヤレス計装は試験導入の段階から本格導入の段階に移行してきている。ISA100.11a規格に適合した製品は全世界で導入プロジェクト数が着実に増え続けており,その優位性が多くのエンドユーザの課題を解決している(図1)。

図1 ISA100 Wirelessグローバル導入実績
  特に最近は,低速・少点数の試験導入から,実プロジェクトに耐えうる,
  1)高い通信パフォーマンスと信頼性
  2)幅広い適用範囲
  3)将来的な拡張性
など,高速で多点数の用途が求められるようになってきている

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます