<

計装Cube60 運用期を迎えたフィールドバスBFOUNDATIONフィールドバス
FF導入による調節弁の異常予知診断事例と評価


日本触媒 後 尾 勝 之
2012年9月
キーワード「診断/保守/通信」

    

 当社日本触媒では,姫路製造所において,2010年稼働のプラントにFOUNDATIONフィールドバス(以下FF)を採用し,「PRM」,「Valve Navi」のシステムを導入した。導入に当たり,アナログ計器と比較した信頼性の検証,セグメント設計〜バスケーブル検査まで含めた設計ガイドラインの制定,導入後のFFシステムの運用方法,データ分析項目を含めた検査ガイドライン等を準備した。2010年のプラントスタートから今日までFFが起因するトラブルもなく,数例であるが予知保全事例など成果も上がっている。
 本稿では,導入の目的から設計・運用事例などを紹介し,当社での評価についても述べる。  

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます