<

計装Cube60 運用期を迎えたフィールドバス@HART
HART導入・運用におけるエンジニアリングの進め方


千代田化工建設 坪 田 貴 之
2012年3月
キーワード「フィールド/エンジニアリング/通信」

    

 ここ数年の海外石油・化学・ガス新設プラントにおいては,ディジタル伝送技術を活用し,現場機器の診断情報をアセットマネジメントシステムに取り込む要求が一般化している。なかでもHART (Highway Addressable Remote Transducer)通信は,安全計装系機器に対してほぼ例外なく指定されている。この背景には,安全計装システムPLCにおけるFoundation Fieldbusの適用が未だ製品化されていないという事情はあるが,一方でこのような制約のないDCS系機器についても安全計装と同じ仕様であるHART通信を指定するエンドユーザもある。
  本稿ではこのHARTについて,導入・運用におけるエンジニアリング上の注意点,およびその効用と期待を整理する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます