<

計装Cube59 HMIの設計コンサルティングによるオペレーションの革新


横河電機 和 田 庄 平/高 野 直 人
2012年7月
キーワード「教育/運転支援/監視」

    

 近年,プラントの安全性向上,運転員の生産性向上を目的に,グラフィックやトレンドグラフに代表されるプロセス制御システム(PCS)の操作監視画面(HMI)を,人間工学や知識工学の知見を取り入れて高度化し,運転員の意思決定を支援する動きが世界中で高まっている。背景には,近年の大規模プラント事故の分析において操作監視画面の欠陥が原因の1つとして指摘されていることや,熟練運転員から初級運転員への知識継承の遅れ,先進国から発展途上国へのプラント輸出/移転に伴う現地初級運転員の支援,国際競争激化によるさらなる運転効率化の要求,PCS更新時の付加価値創出などが挙げられる。
  そこで横河電機では,従来自社製品や統合計器室を設計してきた人間工学のエキスパートである工業デザイナと,運転支援システムを使って熟練運転員の暗黙知を形式知化してきた知識工学のエキスパートであるナレッジエンジニアによる,PCSのHMI設計コンサルティングサービスを開始した。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます