<

計装Cube59 運転改善活動を推進する 改善リーダ育成プログラム


横河電機 田中 博昭/小林 靖典
2011年6月
キーワード「教育/作業支援/更新」

    

 近年,プロセス産業では,国際社会でのさらなる競争力強化のため,安全性と収益性をより一層高める必要に迫られている。また,より効率性の高い運転によるプラントの省エネルギー化も,時代の流れとして必要となってきている。
  このような状況の中,より短期間での投資対効果が見込める種々の運転改善活動への関心が高まってきている。たとえば,より安全な運転を実現するための迷惑アラームの削減や,プラントの安定度を高めるための制御性改善などである。その改善活動を推進する『改善リーダ』には,自プラントにおける課題の特定,具体的な改善手順,関連する法令・指針・業界基準,改善のプラットフォームとなる汎用ツールの有効活用法など,多くの知識と経験が必要とされる。
  そのような改善リーダを育成するためには,いくつもの運転改善プロジェクトを経験させて訓練する実地訓練(OJT:On the Job Training)が最も有効である。しかし,OJTによる育成には時間がかかること,近年プラントの新設も減り訓練の機会が減少していること,IT化により技術のブラックボックス化が進展していること,さらには,経験豊富な人材が定年退職などにより減ってきているため,この改善リーダの育成がなかなか進んでいないのが現状である。
  当社は,そのような状況の顧客ユーザに対して,運転改善活動を推進する改善リーダを短期間内で効率良く育成することを目的としたトレーニングコース『改善リーダ育成プログラム』を開発した。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます