<

計装Cube58 石油化学プラントにおけるBTGの 最適化システム


三井化学 土 屋 和 久
2012年8月
キーワード「最適化/省エネルギー/技術伝承」

    

 三井化学市原工場用役課はBTXプラントと用役プラントの運転管理を行っている。用役プラントは市原工場のユーザプラントの用役需要に合わせて安定的に供給すると共に,多数のボイラ・タービン等の機器を最も高効率な負荷バランスで運転し,用役コストの低減を図る事が使命である。特に用役コストの低減に関しては,各プラントの競争力強化のために重要な戦略物質となってきている。しかしながら,多数の機器の運転効率を考慮した負荷バランスの最適化は人間系では判断が困難であり,システムの構築が必須となる。本報告は石油化学プラントにおけるBTGの最適化システムの一例として,三井化学市原工場のボイラ・タービン最適化システムの活用事例について紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます