<

計装Cube58 化学工場における多変数モデル予測制御を適用したBTG最適運転


カネカ 北 村 公 二/村 上   悟/倉 本 孝 政
2012年8月
キーワード「最適化/省エネルギー/技術伝承」

    

 塩ビをはじめ機能性樹脂,食品,医薬品,機能性食品(コエンザイムQ10),難燃性繊維(カネカロン)などの化学製品を生産する当社のような工場における自家発電設備(以下BTG設備と記す。BTGはBoiler,Turbine,Generatorの略称)は,工場のユーティリティ設備として位置付けられ,BTG設備で生成される電力,蒸気を工場内生産プロセスへ安定供給することが必須であり,設備の安定稼働が最重要課題である。
  また,近年では「地球温暖化対策」が世界的な命題となり,CO2排出量削減に着目した省エネルギーへの取り組みがあらゆる分野で加速している。特に,最近の地球規模での化石燃料の高騰などの環境変化により,燃料コスト削減とCO2排出量削減を両立させたBTG設備の最適運転の実現が求められている。
  本稿では,当社高砂工業所のBTG設備に多変数モデル予測制御技術を適用したBTG最適運転の事例について紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます