<

計装Cube58 制御・監視・最適化モジュールの 組み合わせによるBTG運転の最適化


ハネウェルジャパン 岩 瀬 安 慶
2012年8月
キーワード「最適化/省エネ/制御」

    

自家発電設備(BTG)の運転の効率改善や最適化は,燃料コスト高騰による経営的な要請に加えて,CO2排出量の削減が必要とされる時代の要請でもある。BTGの運転効率の改善にあたり,最初のステップとしてボイラやスチームタービン発電機(STG)などの機器単体の効率向上を図ることになろう。最適化をさらに進めて,機器単体からBTGシステム全体へと最適化の規模を大きくすると,得られるベネフィットは大きくなるが,一方で問題は複雑になるので,プラントの状況に合ったオンライン最適化を行っていくのは容易でない。
  たとえば,複数のボイラや複数のSTGが存在するシステムでは,各ボイラやSTGごとの効率や能力,STGが背圧タービンか復水タービンかなど,多数の機器の仕様や性能を考慮に入れた上で,必要なスチーム発生量や発電量の変化に満たしつつ,各機器の負荷を変動に合わせて調整していく必要がある。一方ソリューションとしては,ユーザごとに装置構成や解決すべき問題が異なるので,多大なカスタム化が必要となる。そのため,ソリューションを内製するか外注するかに関わらず大きなコストが要求される。
  ハネウェルのBTG運転の最適化に対するソリューション「AES」(Advanced Energy Solution)は,プロセスの高度制御や最適化ソリューションとして多くのユーザで利用していただいている「Profit Suite」のBTGの制御・最適化への特化版と言える。AESは上に挙げたこのような複雑な問題をオンラインで処理するため,最適化の課題ごとにアプリケーションをモジュール化し,このモジュールをユーザの装置構成や要求仕様に合わせて構築するアプローチをとっている。
  以下,AESの各モジュールやAESの導入例,AESの最新バージョンや現在・今後の開発状況や利用法について紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます