<

計装Cube57 フィールドディジタル機器/統計モデルを利用したフィールド機器のオンライン保全技術


横河電機 太 田 啓 和
2012年6月
キーワード「安全・環境/異常検知/診断」

    

 プラントの生産性を向上する施策の一つに,生産設備の安定稼働がある。生産設備の中でも,センサ,制御弁といったフィールド機器は,監視対象数や種類が多く,これらの異常の早期発見,異常要因切り分け時間短縮などによる保全の効率化は,稼働率の向上につながる。
  一般に,フィールド機器の保全は,機器の重要度,経験的な保全実績などに基づき優先度を決め,定期的に実施されている。保全工数は,フィールド機器の数量,設置場所,保全の難易度,部品交換,および保全回数(計画,計画外)などに影響されるが,信頼性とのバランスを考慮するなかで,最適化することが課題となる。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます