<

計装Cube57 電源の冗長化/停電対策ソリューション


フエニックス・コンタクト 木 本 敏 広
2012年6月
キーワード「安全・環境/異常検知/診断」

    

 プロセスオートメーション(以後,PA)では,ファクトリオートメーション(以後,FA)とは異なり,操業停止は莫大な損失をもたらす。PAの場合,特に化学プラントでは工程中の素材が無駄になったり,復帰も困難となったりする。発電プラントにおいても,電力を供給できないという事象に陥る。また,不測の停止時には,事故をも引き起こす場合がある。FAの場合もダウンタイム削減に必死だが,PAとは異なり365日24時間フル稼働ではない場合が多く,時間があれば盛り返すことが可能な場合が多い。
  PAではFAのように時間が解決するわけではないため,制御システムの継続的な運転が重要になる。プラントの安全で安定した操業には,頭脳部である制御システムの安定した運転が欠かせない。今回は,そのために必要な健全な電源供給について検討していく。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます