<

計装Cube57  安全計装システムの費用対効果


インベンシスプロセスシステムス 吉 住 英 一
2012年1月
キーワード「安全・環境/管理/最適化」

    

 この度の東北大震災の発生により,筆者自身プラント設計および操業にかかわる技術者として『安全』について今一度考えさせられた。我々が安全計装について述べるとき,海外の大きな事故の事例を紹介して,
  「海外ではこういった経緯があり,安全計装の規格化がすすめられました。」
と説明するのだが,心の中ではこう考えていた。
  「日本では未だこのような大規模な事故は経験していません。」
  しかしながら,この度の地震および津波により起きた原発の問題やプラントの火災は,紛れもなくこのような事故である。この度の地震は有史における最大の規模で,まさしく想定外であったに違いない。だが,起こってしまった事実は事実である。 我々がいかにして今回の経験から学び,乗り越えていくのかを世界中が注目している。このことは海外の同僚や,安全計装関係者と話すたびに肌で感じている。。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます