<

計装Cube57  一致団結した(As one)全社最適化
〜リスクベース保全の効果と事業継続の重要性


デロイトトーマツコンサルティング 長 南 剛 一
2012年1月
キーワード「安全・環境/管理/最適化」

    

 昨年は国内製造業を取り巻く環境がまさに激変と言えるほど大きく様変わりした。「百年に一度」と言われるような製造業を取り巻く外的環境要因の変化が複数同時に国内製造業を襲ってきた感がある。外的要因とは自然現象,金融リスク,国内の風評や風潮,またはコンプライアンスに起因するものなどさまざまである。
  ここでは国内に本社を構える(生産拠点は国内外を問わない)製造業を主対象として,何があっても生き残ることができる製造業,製造業を元気にするための施策を論じてみたい。具体的には平常時の設備リスクを中心とした生産活動の安全・安定操業と緊急時のリスク管理,および国内製造業の生き残るための環境技術について包括的に論じてみたい。
  全体を通した基盤メッセージは一致団結(As One)である。昨年までの試練を今年は一致団結で福と為し,全員で達成感に浸れることを心より祈念する次第である。国内製造業は一致団結によりまだまだ力を発揮できることに,いささかでも参考になれば幸いである。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます