<

計装Cube56  EI統合へのPLCの最適活用とそのエンジニアリング


新日鉄エンジニアリング 古 家 秀 彦
2012年5月
キーワード「統合化/制御/監視」

    

 プラント分野では,設備建設費だけでなく将来に渡るメンテナンス,リプレースも含めたライフサイクルコスト(LCC)の削減が, ユーザの重要な課題になっている。当社は,製鉄,環境,エネルギー,海洋,建築・鋼構造の5つの事業領域において,ハードサプライヤの立場にとどまらず, 課題解決のためにトータルソリューションを提案し,新たな価値の創造で市場のニーズに応えることを基本姿勢としている。
 プラントの制御システムにおいてもLCC削減のニーズは高く,従来のDCS(Distributed Control System)に加え,LCC面で有利な汎用PLC(Programmable Logic Controller) を使った「PLC計装システム(以降,PLC計装と呼ぶ)」も選択肢のひとつとして定着してきた。
 PLC計装が普及してきた背景には,汎用PLCにおける計装制御の高機能化,高性能化およびシステムの信頼性向上(二重化)や, エンジニアリングツールの充実によって多くのシステムインテグレータ(SI;ここでSIとは,個別の汎用機器(PLC,PC,周辺機器,ソフトウエア等)を使用し, 要求する機能・性能を満足させるように1つの制御システムにまとめ上げるベンダを指す。)が比較的容易にPLC計装を取り扱いできるようになってきたことがある。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます