<

計装Cube56  最新機能を盛り込んだ統合型電気計装制御システムの実現


ロックウェルオートメーションジャパン 吉 田 高 志
2012年5月
キーワード「統合化/制御/監視」

    

  近年,顧客ユーザのほとんどのプラントでは電気制御システムと計装制御システムの2種類のシステムが使用されている。 過去においてこれらは全く異なるシステム形態として扱われていたため,別々の運用がなされていた。しかし, その運用効率の観点からほとんどのユーザはこれら2種類のシステム統合を検討されているが,現在,運用されているシステム構造や点数, システム統合費用などの要因により具体化されていないケースが数多くある。
  弊社では「PlantPAx」と呼ばれるコンセプトを基盤とし,「ControlLogix PAC(Programmable Automation Controller)」 コントローラを主体とした電気制御と計装制御の統合型システムにおける提案と提供を数多くのユーザに実践している。 ほとんどのユーザは,電気制御と計装制御の統合化システムによりシステムの利便性の向上による設備運転における省人化/省力化を期待している。 それと同時に近代的な制御システム導入するという観点から,各プラント設備自体の性能や生産効率の向上,運転における安全性の改善, 投資回収期間の短縮なども視野に入れているのが実情である。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます