<

計装Cube56  システム設計効率化を目指したEI統合エンジニアリング環境への取り組み


三菱電機 堀  誠 司
2012年5月
キーワード「統合化/制御/制御」

    

   PA分野の生産現場では電気制御と計装制御が組合せて用いられ,生産設備のダウンサイジングやコストダウン要求などから, これら2種類の制御機能を併せもった計装シーケンサが活用されている。当社では,計装シーケンサによる計装制御システムとして2002年にMELSEC計装を発売し, 高速な電気制御と計装制御の機能統合など,計装制御システムを高付加価値化したいというユーザ要望に応える製品として評価され,発売以降,多くの生産現場で採用頂いている。
  しかしながら,計装シーケンサが市場に浸透し,適用対象が小規模システムから中規模以上へと拡大するに従い, 制御装置もコントローラ単体システムからネットワークシステムへと複雑化し,単なる電気制御と計装制御の統合だけでなく,コントローラ間の相互データ連携を意識した, より効率的なシステム設計・構築が可能なものが求められてきているのが現状である。
  一方で,古くからシーケンサが用いられてきた半導体・液晶・自動車製造分野などのFA分野の生産現場においても,多品種少量生産への対応, 短縮化する製品サイクルへの迅速な対応要求により,制御システムが複合化・複雑化し,生産効率の向上などが課題となっている。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます