<

計装Cube56  今後へつなげるEI統合PLC計装システムのエンジニアリング


京都EIC 足 立  誠
2012年5月
キーワード「統合化/制御/監視」

    

  プラントの多くは,連続プロセスとディスクリート系プロセス,いわゆる「E(電気)」「I(計装)」が混在しており,両方のここ20年のシステム構築の歩みだけを見ても, 別々の道を歩んできたことは皆の知るところである。
  連続プロセス系の操業は,計装盤や制御盤にシングルループコントローラや記録計などを取り付けて制御・監視を行っていた時代から, DCS(DIstributed Control System)へと変化していった。ディスクリート系の操業は,盤内にリレー回路とタイマ等でシーケンス回路を構築しランプとスイッチを取り付けての操業から, PLCとタッチパネルなどへと変化していった。これらは,あくまでもプロセスの特徴に合わせてシステムが進化していったと言える。
  昨今の製造業が抱える課題は多くあり,絶え間ない企業努力が続いている。しかし自動化・省力化が進んだ一方で,需要家自身がシステムを考え設計していた昔とは違い, 現在はそれも減少している。だからこそ,国内外ベンダやSI(System Integration)への期待の高まりは強くなり,今後の製造業の発展の手助けを担う上で,システムの提案や取り組みは重要なものである。業界全体が変革の時期に立っていると言える。
  その一つとして,EI統合は以前からの期待の的であった。しかし,コスト面やリスクを考えた時にユーザやベンダが踏み込みにくい領域でもあった。 だが,ここへ来てPLC計装の普及により一層の現実味を帯びてきており,その取り組みに成果をあげている。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます