<

計装Cube55期待が高まるワイヤレスネットワーク
実用性を追求した無線計装機器


山武 喜多井 剛志
2011年10月
キーワード「通信/ワイヤレス/標準」

    

 無線技術の活用により計測・制御・コミュニケーションに新たな魅力が生まれている。しかし,製造現場における実用面では,バッテリ駆動時間の課題およびISMバンド機器や各種無線機器との電波干渉の課題がある。これらの課題を解決し,無線計装の実用性を向上する山武の低電力消費型デバイス駆動技術とエネルギーハーベスト技術,国際的なワイヤレス共存への取り組みは,製造現場への現実解として,無線計装の魅力を引き出すことが期待されている。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます