<

計装Cube55期待が高まるワイヤレスネットワーク
ワイヤレス通信で報知機器を制御


パトライト 前 川 明 弘
2011年10月
キーワード「通信/ワイヤレス/標準」

    

 

写真1 ワイヤレスコントロールユニット
「PWS」
パトライトの光・音・文字表示など各種報知機器を活用した情報の可視化はさまざまなシーンで採用いただいているが,ものづくりの現場では,東日本大震災で断絶したサプライチェーンの急復旧により,稼働率の低下も底打ち感がみられるようになった。しかし,根底においては中長期の景気水準が低水準のままであること,またこれまでの設備投資の過剰感から,いまだ企業は積極的な設備投資に傾向しない状況にある。すなわち,生産現場においては既存のリソースをいかに有効に活用し,より少ない人員で生産性を上げるか,ということが大きな課題となっている。そこで特定小電力無線を採用したワイヤレスコントロールユニット「PWS型(Patlite WIRELESS SYSTEM)」を発売することとなった(写真1)。


関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます