<

計装Cube55期待が高まるワイヤレスネットワーク
WirelessHART−HART通信の相互運用性を継承した国際標準規格


HART協会 ロン・ヘルソン,P.E.
2011年10月
キーワード「通信/ワイヤレス/標準」

    

 WirelessHART(IEC 62591)は,プロセス産業の要求に応えるべく,ワイヤレスセンサネットワークに関する国際標準規格である。WirelessHARTは,20年以上にわたって多くのアプリケーションで使用されてきたオープンなフィールド通信プロトコルであるHART通信(4〜20mAアナログ信号にディジタル通信を重畳)をベースとして開発されたものである。そのため,WirelessHARTは,HART通信の相互運用性(つまり,マルチベンダをサポートする機能)も継承している。すでに3200万台以上の使用実績があるHARTは,WirelessHARTが加わったことで,今まで以上に広く採用されていくことが期待されている。
  WirelessHARTは,業界最高レベルの相互運用性を提供し,マルチベンダを可能としたワイヤレスソリューションである。HART通信が提供する相互運用性により,提供メーカを意識することなく,ネットワーク設定やスタートアップができるツールを使用することができる。その結果,ワイヤレスネットワークの設置,スタートアップ,運転が簡単に実施でき,コスト,リスクの両面で安心してワイヤレスソリューションを採用することができる。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます