<

計装Cube54
防爆型非接触ツールを活用した 高信頼ハッチ管理ローリー出荷システム


昭石エンジニアリング 日 坂 伸 六
2009年7月
キーワード「安全/防爆/システムアプリケーション」

    

 ガソリン,灯/軽油等の石油製品をタンクローリーに出荷するシステムは,混油/オーバーフローの防止やガスパージの完全実施を図り安全性を向上させたハッチ管理型が主流となっている。当社もこれまで従来品を使用して数々のハッチ管理出荷システムを構築してきたが,信頼性および操作性で決して満足行くものではなかった。ここでいう従来品とは接触式の磁気/ICカードを用い,いわゆる「下足板方式」と呼ばれるハッチ識別札をリーダに差し込むものである。
  従来品の問題点は以下の通りである。
  ・出荷システム中枢の管理コンピュータがダウンすると,ハッチ管理出荷どころか予約照合出荷すらできない
  ・出荷カード,ハッチの識別が接触式のため,油汚れ/雨/雪(氷)により故障しやすい
  ・システムを構成する機器が多く複雑なため,工事/メンテナンスに手間が掛かる
  これらの問題を改善し,“シンプルで,信頼性が高く,ローリー乗務員に優しいシステム”をコンセプトに開発された高信頼ハッチ管理ローリー出荷システムがこれから紹介する「F-4」である。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます