<

計装Cube54
技術的基準の廃止と国際規格に整合した 技術指針2008の基準化について


産業安全技術協会 後 藤  隆
2011年5月
キーワード「安全/防爆/標準」

    

 平成22年8月24日付で施行通達 基発0824第2号「電気機械器具防爆構造規格における可燃性ガス又は引火性の物の蒸気に係る防爆構造の規格に適合する電気機械器具と同等以上の防爆性能を有するものの基準等について」(以下「基発0824第2号」)が厚生労働省労働基準局長通達として発出されている。
  この通達の要点は,電機械器具防爆構造規格(昭和44年労働省告示第16号)(以下「防爆構造規格」という)の第5条の規定に基づき,防爆構造規格に適合するものと同等以上の防爆性能を有することを確認するための基準を示している。その基準とは,独立行政法人労働安全衛生研究所が労働安全衛生総合研究所技術指針として定めた「工場電気設備防爆指針(国際規格に整合した技術指針2008)」(以下「国際整合防爆指針」)である。これにともない,この通達をもって,それまで基準とされてきた昭和63年4月1日付け基発第208号「電気機械器具防爆構造規格の一部を改正する告示の適用等について」の別添「電気機械器具防爆構造規格(昭和44年労働省告示第16号)における可燃性ガス又は引火性の物の蒸気に係る防爆構造の規格に適合する電気機械器具と同等以上の防爆性能を有するものの技術的基準(IEC規格79関係))」(以下「技術的基準」)が廃止されることとなった。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます