<

計装Cube54
防爆エリア向自動認識ソリューション


日立ハイテクトレーディング 筒 井 博 信
2010年9月
キーワード「安全/防爆/作業支援」

    

 最近,身の回りで多くのバーコード,RFIDなどの自動認識機器を見ることができる。自動認識の方法もバーコード,RFIDなどいろいろな規格,製品が販売され,製品管理,工程管理から入退室管理など多種多様の使い方がある。こういった製品の使用目的には多品種,多量の物品の管理,リアルタイムな情報伝達,人的ミスの防止などがあり,製造業では欠かせない製品となっている。
  以下,既に一般に使用されている自動認識機器を防爆エリアでも活用したいという要求に対して,当社が扱っているドイツecom instruments社製防爆PDAの紹介も含め,防爆エリアでの作業効率アップ,品質の向上のソリューションについて紹介する。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます