<

計装Cube54
ZONE2危険場所対応の 省電力フィールドバス電源


クーパー・インダストリーズ・ジャパン 田 中 健 一
2011年5月
キーワード「安全/防爆/フィールドバス」

    


 FOUNDATIONフィールドバスの導入は大手オイルメジャー,石油精製および化学分野,石油備蓄基地など世界的な広がり見せている。そして,FOUNDATIONフィールドバスの用途は遠隔地における計測制御へと広がっている。また,新たにサンドオイルなどが価格的に石油に対抗できるようになり開発が進んでいる。しかしながら,僻地であるため電力送電施設がなく再生可能エネルギー,すなわち太陽光発電システムからの電力供給に頼らざるを得ない。そのため太陽光発電システムにより蓄電されたバッテリを使用してFOUNDATIONフィールドバス採用した計測制御システムを稼働させるためにはすべての構成機器および付属品の消費電力の低減が重要である。そのイメージを図1に示す。。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます