<

計装Cube52  ITの活用による「省エネ+生産管理」


豊中計装 小 谷 勝 也
2010年5月
キーワード「省エネ/計測/情報化」

    

 近年,高度に発達したIT技術は省エネ管理や生産管理等の工場等の生産性向上に大きく寄与している。パソコン,シーケンサ,メール,インターネット,携帯電話,多重伝送,LAN関連等のIT機器や仕組みを使用して各種のデータや情報を計測収集し,集計や加工表示することはあらゆる仕組みを「見える化」することを容易にできる。この計測データや各種の情報を「見える化」する技術を使用して省エネ管理をさらに効果のあるシステムとすることができる。重要な省エネ管理の一つの要素である原単位管理は見方を変えれば企業の重要な生産効率を向上させる生産管理に直結する要因も多い。工場等全体での省エネ管理システムを構築するにあたりそれらの生産に関連する点を考慮したシステム作りをすることでリアルタイムな省エネ管理と生産管理が,同一のパソコンやシーケンサおよびケーブル,通信機器あるいは各種のセンサを共有してシステムを構築することが可能となるのでこのような観点からのシステムの構築方法を述べる。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます