<

計装Cube52  渦流量計による蒸気流量の 適正管理


オーバル 小 澤 貴 浩
2010年8月
キーワード「省エネ/環境/計測」

    

  日本国内では,これまでも盛んに省エネ活動が行われてきたが,より一層のエネルギー使用の合理化を図るため,「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」が平成20年5月に改正され,今年の4月1日から施行された。改正省エネ法では,規制対象が「事業場・工場単位」から「事業者・企業単位」に変更され,事業者全体のエネルギー使用量が原油換算で年間1500kl以上ある場合,特定事業者として指定され規制の対象となる。したがって,これまで対象外だった事業者も特定事業者として規制されるケースが増えると想定されるほか,フランチャイズ事業者やビルのテナントなどもある条件を満たす場合は規制の対象となる。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます