<

計装Cube52  ビル監視制御システムによる 省エネ支援オペレーションの進め方


日本総合システム 竹内 崇司
2010年5月
キーワード「省エネ/計測/情報化」

    

  ビル監視制御分野においては,マルチベンダ化による設備機器の最適化・サステナビリティ対応・ライフサイクルコスト低減への要求や,遠隔・複数ビルのインターネットを経由した監視やデータ収集のニーズが高まっている。一昨年来の不況の影響もあり新築意欲は低水準ではあるが,逆に既築ビルの資産価値を高めるためのリニューアルによる機能更新需要は拡大している。事業者やビルオーナの立場としても,複数事業場を一括管理し企業単位でのエネルギー管理を進めようとする意識は高まっている。しかし,省エネ支援オペレーションのPDCA(Plan,Do,Check,Action)実行者が不足していることや,関連するシステムが専門家向けで大型ビルを対象にしたものが中心であることなどから,なかなか前に進めないのが現状である。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます