<

計装Cube52  これからの省エネ化と省エネ産業の展開について


住環境計画研究所 中 上 英 俊
2010年5月
キーワード「省エネ/計測/情報化」

    

 省エネ量を積み上げることは容易ではない。原子力にしろ,新エネにしろ,新しくできたプラントから推計することはさほど困難ではない。しかし省エネルギーはそうはいかない。ここに省エネルギーの難しさと,幅の広さがあるといえよう。省エネルギーに期待されていた削減量は石油換算では6000万klを超える数値だった。新エネの3倍以上なのだ。省エネルギーはわれわれの日常の暮らしから,業務分野,産業分野,運輸分野とあらゆる部門で取り組まれるべき課題だ。大型のプラントの省エネから,家庭の照明器具や携帯電話の充電器のような小さなものまで数えられないほどの対象があることになる。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます