<

計装Cube52  クランプ電力計による省エネ管理


日置電機 中 山  宏
2005年4月
キーワード「トレンド/省エネ/計測」

    

 電力管理・省エネ対策を進めていくうえでの重要なポイントは,負荷の平準化,変電設備の改善・適正化,受電点力率の改善である。これらの管理・改善の第一歩は現状の電力使用状況を正確に把握することから始まる。従来のような受電点のみにおける電力管理では省エネ対策の糸口は具体的にはつかめず,より省エネ効果を出すためには末端までのきめ細かな電力管理(計測)が要求される。そのためには,負荷を止めることなく,簡単にいつでもどこでも設置でき,正確に電力使用状況を把握できるクランプ電力計が最適な測定ツールとなる。。

関連文献

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます